Structure

建物構造

暮らしを基本から支える。
見えない部分だからこそより一層の信頼性を。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

場所打ち鋼管コンクリート拡底杭イメージイラスト

場所打ち鋼管コンクリート拡底杭

支持層に根入れする杭を杭頭径部は約2.0m、軸部最大径約1.7m、拡底部最大約3.3mに設定、しっかりとした地盤に根入れをすることで地盤と基礎・建物をつなぎとめています。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

外壁イメージイラスト

外壁

住戸外壁は約180mm以上(一部廊下・バルコニー面はRC壁約150mm)の厚さを確保。また、現場発泡硬質ウレタンやプラスターボードを施工することで、断熱効果をより高めています。さらに屋上には、断熱材を敷き詰める外断熱工法を採用。照り返しによる室内の温度上昇防止に効果を発揮します。最下階住戸には、床スラブ下に断熱材を施すことで保温性能を高めました。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

二重天井イメージイラスト

二重天井

コンクリートスラブと内装天井の間に隙間を設け、その間に設備配管及び電気配線を配置した二重天井構造を採用。将来のリフォームに配慮した構造です。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

構造イメージイラスト

溶接閉鎖型帯筋

地震時の主筋の折れ曲がりを防ぎ、コンクリートの拘束に大きな威力を発揮する帯筋には、地震の際のせん断破壊に対して強度を発揮するよう継ぎ目を溶接した溶接閉鎖型帯筋を採用しています。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

床構造イメージイラスト

床構造

各住戸の床は、約250mm〜約270mm(住戸内一部床除く)の床コンクリートスラブとフローリングを採用。下層階に伝わる生活音を軽減することで、静かな住環境を守ります。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

二重壁イメージイラスト(一部)

二重壁

戸境壁と住戸の内壁の間にも空間を確保。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

コンクリートイメージイラスト

27N/m㎡コンクリート

建築基準法に基づき、27N/m㎡(1㎡当たり約2,700tの圧力に耐える強さ)(設計基準強度)以上の耐久性の高いコンクリートを採用しています。(付属施設、外構、押えコンクリート等は除く)

〈水セメント比50%以下〉水とセメントを混ぜて造られるコンクリート自体の耐久性は、水・セメントの配合比率と大きな関わりがあります。中性化、表面劣化、腐食性物質の侵入、鉄筋の腐食などに対するコンクリートの抵抗力や耐久性を高めるため、水セメント比を50%以下に設定しています。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

壁構造イメージイラスト

ダブル配筋(一部除く)

鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋を採用しています。(一部壁を除く)シングル配筋に比べ配筋の強度が上がるとともに、壁厚も増すので、高い構造強度を得ることが可能となります。

見えない部分だからこそより一層の信頼性を。 | 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

複層ガラスイメージイラスト

複層ガラス

ガラスを2枚組み合わせ、間に中空層を設けた複層ガラスを採用。中空層が室温を外に逃さず、外気をブロックし断熱性や冷暖房効率を高めます。また、中空層が室内外の温度差を軽減するため、ガラス面の結露の発生を抑制してくれます。

大切な資産の鑑定書 2つの「住宅性能評価書」

国土交通省が指定する第三者機関が品質や性能の高さを客観的に実証する住宅性能評価書を取得します。

この評価書は、住宅が保有すべき性能を評価するもので、設計段階を対象とした「設計住宅性能評価書」と施工・完成段階を対象とした「建設住宅性能評価書」の2つがあり、これらを「住宅性能評価書」といいます。

どちらも取得する予定です。

「住宅性能評価書」| 【エキマエライフ55】エステムコート和歌山City ステーションフロント

イメージ